快体健歩ランニングクラブ 掲示版  Powered by STD-BBS4 v1.7B
■ 管理人宛にメッセージを送信  □ 郵便箱メッセージ(2415702バイト)> 

[お名前]
[E-MAIL]
[件名]    
  [内容]
  [OPTION]
  [ファイル]
  [URL]
  [画像]
  [削除キー]
[TITLE-COLOR]
[FONT-COLOR]
■本掲示版は、ランニングに関する話題を中心に、クラブ会員のコミュニケーションを目的に運用しております。
クラブが定める投稿規定により、管理人が編集・削除させていただく場合が有ります。
投稿規定はこちらをご覧ください。→こちらから
■快体健歩ランニングクラブの活動に関してはクラブのホームページをご覧ください。
下の「ホームページ」がリンクしております。


■ ホームページ   総数 66028 今日 44 昨日 56
 スレッド一覧(更新順) 

 快体健歩RC net topic vol.16 (2020.11.30) by 快体健歩ランニングクラブ事務局
 11月26日、29日 秦野の里山 紅葉・温泉・みかん狩りを楽しむマラニック by 快体健歩ランニングクラブ事務局
 快体健歩RC net topic vol.15 ランニング中の怪我−擦過傷と捻挫、リハビリ by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 秋のお台場、レインボーブリッジ参加しました。 by はおりん(羽織)
 多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました by ただもん(但木)
 ランニング講習会参加してまいりました。 by ツカゴロウ(大塚)
 水曜練習参加しました。 by はおりん(羽織)
 皆様ご無沙汰しております by 佐々木信二(ヴィーガン
 8月23日 新国立競技場デビュー「セイコーゴールデン陸上GP」 by 快体健歩RC 代表 佐々木誠
 お元気ですか。 2020夏 by だいごろう(石川大)
 快体健歩ZOOMイベントに関するアンケート by 快体健歩ランニングクラブ事務局
 快体健歩RC net topic vol.12 (2020.7.21) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 検見川ランニングフェスタ2020は中止 by 快体健歩ランニングクラブ事務局
 越後湯沢ランニングキャンプ2020は中止 by 快体健歩ランニングクラブ事務局
 木場公園練習会参加しました。 by はおりん(羽織)
 ツッチーと木場公園走りました。 by はおりん(羽織)
 お元気ですか。 その5 by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 6/7木場公園走りませんか? by ツチヤトシアキ
 快体健歩RC net topic vol.11 (2020.6.4) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 快体健歩RC net topic vol.10 (2020.5.26) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 お元気ですか。 その4 by だいごろう(石川大)
 快体健歩RC net topic vol.8 (2020.5.14) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 快体健歩RC net topic vol.7 (2020.5.8) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 お元気ですか。 その3 by マダム(山口美由紀)
 快体健歩RC net topic vol.6 (2020.5.2) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠
 快体健歩RC net topic vol.5 (2020.4.26) by 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠


 ▼ メールでお知らせ機能 ▼
  掲示板に投稿があったときにメールでお知らせする機能です。
  登録・解除はいつでもできます。

  メールアドレス:






快体健歩RC net topic vol.16 (2020.11.30)  No.6111-0
投稿者 快体健歩ランニングクラブ事務局 2020/11/30(Mon) 16:05:46 E-mail 

快体健歩RC net topic vol.16 (2020.11.30)

快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠

【トレーニング4か月目以降/ミドル、シニアのランニング】

今年の春より、トレーニングとしてのランを10年以上ぶりに再開しました。トレーニングとしてのランというのは、走力向上を目指した走りという意味です。具体的にレースに出ることは考えておりませんが、仕事としてのランや散策を目的としたマラニックやファンランとは異なります。
練習計画は自身の教えに沿って、4月からの当初は中3日以上空けずに走る定例化が第一のテーマ。その上で5月以降は、レースペース走、LSD、スピード練習の3本柱&補強運動、フォーム改善ドリルというバリエーションを行いました。その後の中長期的トレーニング計画&メニューをつくるための指標やコースを探るのが目的・テーマとなりました。
そして、ペース走はアップダウンのある迎賓館・東宮御所3.3q周回コースで5分30秒/1kmで〜21qまで。スピード練習は水曜夜の外堀公園アップダウン1qシャトルコースでの4分40秒までのビルドアップ。LSDは脈拍130bpm以下で2時間以上〜。と、まぁ目指すところはありませんがこんな感じのランに定着させてゆきました。

その結果や感想を話したいと思います。
一番の興味は、ペース走やスピード練習といった負荷の高い走りを長らくやっていなかったので心身がどんな反応を示すかということでしたが、「追い込んで走る」ということの楽しさを取り戻すには時間を要しませんでした。長らく感じていなかった筋肉や心臓の訴え、前から後ろへ流れ移る視界、頬に当たる風が新鮮で心地よく感じられました。
先日、とある会員さんがマスクやコースを考えながら走る経験から、「自分は追い込んで走ることも好きであることを再認識した」というような話をされていましたが、同調される方も少なくないのではないでしょうか。この、「追い込んで走る」ことを楽しいと感じられるのがアスリートとして記録や勝負を追い求めるのに必要な資質であるように思います。五輪選手からサブスリー、フル完走に至るまで、レベルは違えども「気持ちいい、ラク。」だけでは到達できない世界を目指しているのです。
さらに付け加えると、速さ、距離、時間、心拍数のパフォーマンスをデータ管理し、眺め、考えることを楽しいと感じられることもアスリートモードに必要な資質の一つです。ただ計器に入っているというだけでは適いません。主体的に正確に記して考察することが大事なのですが、多くの市民ランナーにおいて不十分なところの一つです。

さて、トレーニングメニューが定着してきた7月のある日のこと、順調に楽しく走れていながらも、「このままではいけない」という思いが頭をよぎります。
楽しさのあまりドーパミンやセロトニンの分泌が亢進しているハイな状態ゆえに、身体の不調に気が付かない、目を向けにくくなっているのではないかという不安です。もちろん、トレーナー、治療家として日常生活を含めたケアには十分な時間と注意を割いているのですが、誰もが着実に老化している事実を認めたがらないことに加えて、十年以上も前とはいうものの、心身に染みついているスピードや負荷の感覚から、「もっとやれる」というオーバーユース、オーバーワークを招いてしまうのではないか?さらに夏本番を迎えることも不安要因です。
大会に出る予定も無いし自己記録更新も考えていないのに、過去の走りに近づこうとしている自分に気が付きましたが、これは良くないことです。目指すのは新たな自分の走りでなければなりません。仮に練習を積んで過去の記録に復活できたとしても、それは以前とは異なる自分の新たなプロセスに基づいたものです。新たなプロセスは現在の走力の把握から導かれるものであり、単純に記録目標に向かうだけの努力とは異なります。
そして、不安と考察から次のようなマイルールを定めました。計画通りの走りをクリアしたついでに、「さらに1周頑張ってみようか止めようか」という場合には、頑張らないで「止める」を選択するというルールです。もちろん、練習計画メニューの中でそこにチャレンジできる裏付けがあって組まれたメニュー内であれば「頑張る」ですが、「予定を超えて調子に乗らない」、「予定内であってもほぼクリアできそうにない状態では無理にチャレンジしない」ということです。

市民ランナーの年齢は年々高くなってきています。快体健歩ランニングクラブにおいても同様です。若い時の、過去の、あるいは故障や病気前のランニングに固執せず、新しい、今の自分にあったトレーニング方法、ランニングスタイル、楽しみ方を見つけてゆきましょう。それが生涯ランニングの在り方と考えます。このことはまた、コロナ渦でも豊かなランニングを実践することにもつながるのではないでしょうか。

以前(vol.14)最大心拍数が想定外に低かったことを書きましたが、その結果をも踏まえて、私のトレーニングはその後、マフェトン理論の実践に向かうことになります。基礎となるLSDは130台から110台への、劇的ともいえるほどの遅さへのこだわりです。このお話は次回以降に・・・。

*過去のtopicは以下でご覧いただけます。
https://www.kaitaikenpo-rc.com/category/net-topics/







11月26日、29日 秦野の里山 紅葉・温泉・みかん狩りを楽しむマラニック  No.6110-0
投稿者 快体健歩ランニングクラブ事務局 2020/11/30(Mon) 08:52:24 E-mail 

11月26日、29日 秦野の里山 紅葉・温泉・みかん狩りを楽しむマラニック

ご参加の皆様おつかれさまでした。
別称収穫祭マラニック、自然薯、ブロッコリー、大根を抱えて走りました。
今年のみかんは、色つやは悪いながらも過去最上級の部類に入る濃さと甘さ!美味しく頂きました。オーナーさんがいらして、樹は老衰で少なくなる一方ですが来年もまた行ってくれるとのことです。
両日とも残念だった富士山の眺めは来年に期待です!

全写真画像は以下でご覧いただけます。ダウンロードも可能です。

https://30d.jp/kaitaikenpo/237
合言葉:20hkm









快体健歩RC net topic vol.15 ランニング中の怪我−擦過傷と捻挫、リハビリ  No.6102-0
投稿者 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠 2020/11/04(Wed) 16:10:54 E-mail 

快体健歩RC net topic [最新:vol.15 11/4]

最新号vol.15をアップしました。
今回の話題は「ランニング中の怪我−擦過傷と捻挫、リハビリ」
接骨院スタッフ時代から今日までの傷病者対応や自分自身の経験から、参考になればと思い取り上げました。

https://www.kaitaikenpo-rc.com/net-topics/21947/

走っている以上は、だれしもにこれから怪我をする恐れがあります。怪我をするその前にどうぞご参照ください。







Re:快体健歩RC net topic vol.15 ランニング中の怪我−擦過傷と捻挫、リハビリ  No.6102-1
投稿者 おーちゃん(鎌倉) 2020/11/06(Fri) 19:16:43 

佐々木監督
お世話になっております。

私にとってタイムリーな情報ありがとうございます。

現在右足首捻挫中の鎌倉です。私の場合、ランニング中の怪我ではなく、ランニング前に階段で足首をひねり、階段を転げ落ちてしまったという点ではお間抜けとしか言いようがありません。自分で自分を叱りたいと思います(笑)

固定が取れた後、どのようにランニングを再開すべきか悩んでいたところでしたので、今回取り上げていただいた内容は大変ありがたく、読ませていただきました。
【リハビリ―復帰ラン】の内容を参考にさせていただき、段階的に、計画的に復帰を目指したいと思います。今後ともよろしくお願い致します。







秋のお台場、レインボーブリッジ参加しました。  No.6101-0
投稿者 はおりん(羽織) 2020/11/03(Tue) 17:26:53 

久しぶりのマラニックで、付いて行けるか心配でしたが、20キロまで行きました。みかん狩りに行きたかったので、参加しました。マラニックは、楽しいです。みなさんに、声かけてもらい、がんばれました。お世話になり、ありがとうございました。






Re:秋のお台場、レインボーブリッジ参加しました。  No.6101-1
投稿者 快体健歩ランニングクラブ事務局 2020/11/04(Wed) 16:53:46 E-mail 

マラニック再開第一弾は、数あるマラニックコースの中でも10年以上の歴史を持つお台場レインボーマラニック。10年前の有明、台場の様子とはだいぶ変わったうえに、東京2020の競技会場関連の街の整備も加わり、同じコースでも景観の変化を楽しみました。紅葉シーズンの始まりも感じることができました。
コロナ渦ではありますが、自己防衛と他者配慮のもと、マラニックでランニングを通じたコミュニケーションを楽しみましょう。

全写真画像は以下でご覧いただけます。(ダウンロードも可)
http://30d.jp/kaitaikenpo/236
合言葉は「dr11km」









Re:秋のお台場、レインボーブリッジ参加しました。  No.6101-2
投稿者 さんちゃん(小倉) 2020/11/05(Thu) 04:34:11 E-mail 

久々のマラニック、監督・皆様ありがとうございました。

私は3月木場公園以来の参加で20qでリタイアかな?と思いましたが走ってみると皆さんの力を頂いて30q完走する事が出来きとても嬉しかったです。

レインボ―ブリッジの折り返しての下り坂では思いっ切り?¿飛ばして久々に股関節動かした気がします。

帰りの夢の大橋では小さな(3〜4歳)のお客様に出会い橋の2/3位の距離を快体メンバーの後ろから走りました。
ママに止めなさいと言われても橋の最後まで走り続けました。(まだまだ走りたそうでしたよ)
走るの大好きとの事で将来はマラソンの選手に・・・・。

ここれからも皆様とランを楽しみたいと思います。✋







多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-0
投稿者 ただもん(但木) 2020/10/13(Tue) 08:11:24 E-mail 

多摩川ロングスローチャレンジ55kmに参加致しました。
参加の皆さん、お疲れ様でした。
ただもんです(^^)

台風の影響で開催が心配されましたが、雨もほとんど無く、逆に絶好のラン日和、曇り空でした(晴男とまでは行きませんでした笑)
コロナ渦中で、久しぶりのクラブイベントと言う事で嬉しさ半分、またロング走と初参加でもあり緊張半分でした(ロングは自信が無く遠慮していたイベントでした)

半年ぶりのイベント開催なので、お久しぶりの方々も沢山いましたが、皆さんの笑顔が見れ、少しだけですがお話も出来て、元気いただけました。
肝心な走りはと言うと、前半は皆さんと走りペースを守り、道も迷わず走れましたが、後半は単独で走り、失速し道にも迷い砂利道と水溜りに心がポキポキに折れ、途中離脱となりました(T_T)残念
次回は反省を活かして地元多摩川55kmを制覇したいと思いました!オマエの負け〜〜っ!と言われないように、倍返しだ!!
と意気込む半沢であった(笑)あっ違った(≧∇≦)

皆さんそれぞれコロナ渦中で大変ですが、1人1人が元気を出して、少しずつでも前に進んで行きましょう!マラニック復活に感謝!

ただもんでした(^_^)







Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-1
投稿者 はおりん(羽織) 2020/10/13(Tue) 19:10:59 

みなさん、お世話になりました。
久しぶりに、お会いできた方もいて、楽しかったです。増間さんが、気にかけて何度も後ろを振り返ってくれましたが、付いて行けず迂回2カ所で迷いました。大きなお風呂の駐車場に行ってしまった時は、
入ろうかと思いましたが、多摩川はすぐ裏だよと教えてもらい戻れました。クラブで頂いたソイジョイは、チョコ味で、美味しかったです。マダムが試走時のブログをスマホに入れて自販機、トイレは写真で見れたので、わかりやすかったです。是政駅でリタイアしました。







Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-2
投稿者 快体健歩ランニングクラブ事務局 2020/10/14(Wed) 14:41:34 E-mail 

第5回の今回、定員万枠の40人のエントリーがありました。
台風と秋雨前線の影響を見極めるために前日にコースチェックをしたところ、深い水溜まりに苦しめるのではないかと心配しましたが、ほとんど問題にならなかったようでした。
風向と気温はとても走りやすいコンディションで、例年より多くの55q完走のほか、それぞれにロングスローランを楽しんでいただきました。

全写真画像は以下でご覧いただけます。ダウンロードも可能です。
https://30d.jp/kaitaikenpo/235
合言葉:sct20

エントリーされた皆様には、別途ご案内のとおりアンケートと17日のオンライン打上げの出欠をお願いいたします。









Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-3
投稿者 だいごろう(石川大) 2020/10/14(Wed) 21:52:57 E-mail 

11日の多摩川ロングスローチャレンジにご参加の皆さま、お疲れ様でした!
そしてお世話になりました!

今回で5回目とのことですが、私は初めての参加となりました。
以前に投稿した通り4月下旬から7月下旬まで丸々3ヶ月ランオフの冬眠≠ノ入り、再開後はこのチャレンジを目指して距離重視(スピード度外視)のトレーニング(リハビリ?)をしてきました。

2015年春に70Kの大会に出て以来のフルを超える距離への挑戦 〜 自分なりにしっかりと準備をしたつもりでしたが後半は撃沈しました(>_<。)

以下に5Kごとのデータを載せておきます。

  タイム(1K平均)/心拍数/ピッチ/歩幅
5:31:51(6:22)/140/178/88
10:31:17(6:15)/143/178/90
15:30:25(6:05)/146/178/92
20:30:05(6:01)/151/179/93
25:30:16(6:03)/160/180/92
30:30:32(6:06)/163/180/91

35:32:25(6:29)/161/179/90
40:33:02(6:36)/164/178/85
45:31:36(6:19)/174/181/83
50:33:35(6:43)/170/181/83
F:34:01(7:08)/161/181/78

設定は6:15のイーブンとしていて前半は快調だったのですが、最後は本当に脚が動かなくなりました。
最初はトレーニング不足が原因だと考えていたのですが、そしてそれも否定はできないのですが、途中の補給が不足したのかも知れないと考えています。
というのが、翌日疲労抜きのつもりで6Kのジョグを行ったのですが脚の疲労感は殆ど無く、下半身の筋肉痛もほぼ皆無でした。
そんなわけで、あくまでも素人考えの仮説なのですが、脚のダメージではなくエネルギー切れが止まった原因なのではないかと考えています。

ところで・・・
走る前は単独走を想像していましたが大半の区間で一緒に走ってくださった方がいて助かりました。
特に序盤、地元のKazuさんが難しい迂回路も含めナビゲーションしてくれたおかげで安心して走れました 〜 ありがとうございました!

土曜日のオンライン打ち上げには残念ながら参加できないのですが、それまでに間に合えば2ヶ月半のトレーニングの内容も投稿したいなと考えています。
もし載っかった際は御笑覧くださいませませ(*^_^*)







Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-4
投稿者 だいごろう(石川大) 2020/10/17(Sat) 01:00:22 E-mail 

連投失礼致しますm(__)m

7月下旬にランを再開してからの目標が、今回の多摩川ロングスローチャレンジ完走でした。
3ケ月の『冬眠』を終え、ラン再開から本番まで2ヶ月半、スピード度外視で距離耐性を養うことに主眼に置いて練習していきました。

以下がその主だった、いわゆる「ポイント練習」のリストです。

7/25(土) ラン再開【2.3k、キロ6:30】
8/8(土) 10Kジョグ【キロ5:57】
8/18(火) 2時間20分LSD【キロ6:30】
8/24(月) 2時間30分LSD【キロ6:20】
※ここまでのリストの距離・ペースは概算によるもの

9/1(火) 3時間30分LSD【32.5K、キロ6:29】
9/14(月) 4時間LSD【37.2K、キロ6:27】
9/18(金) 30Kジョグ【3:13:16、キロ6:26】
9/21(月) 4時間LSD【40.2K、キロ6:08】
9/29(火) 20Kジョグ【1:54:50、キロ5:44】
10/5(月) 20Kジョグ【2:01:04、キロ6:03】

10/11(日) 本番【54.8K、5:49:05、キロ6:22】

最も負荷の高いトレーニングは2回の4時間LSDだったと思います。
それでも自身の感触としてはいっぱいいっぱいというものではなかったので「このレベルのペースで本番を走れば問題無く完走できる」と思っていたのですが・・・現実はそんなに甘くはなく、結果は先の投稿の通りとなりました。

今このメニューを振り返った時に、これが55キロを走り切るのに充分だったのか不足だったのかは判断できていませんが、ランオフからの『リハビリ』のモチベーションとして多摩川ロングスローチャレンジは非常に有効な目標となってくれました。
いわば「自分のために企画を利用させてもらった」というところです。

距離耐性の土台作りはこれでひとまず区切りとして、ここからは実戦を意識した練習に切り替えていきたいと思います。
皆さまに明るい報告ができるよう、頑張っていきたいと思います!







Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-5
投稿者 ツカゴロウ(大塚) 2020/10/17(Sat) 18:18:59 

ツカゴロウです。

監督、スタッフ、参加の皆様、いろいろお世話になり本当に有難うございました。
大変遅くなりましたが投稿させていただきます。

第3回を中止に追い込んだ台風が申し訳なく感じてくれたのか、今回は逸れた上に秋風を残してくれて、かなり走りやすいコンディションでした。

第1回などは55K完走できたものの、暑さに体力を奪われ、全身筋肉攣り祭り!!指一本触れて欲しくないくらいの痛みにもんどり打っておりました(笑)

今回に関しては真っ直ぐ大鳥居へと見据えるメンバーが多く、励まし合いながらのフィニッシュで55K完走者は10名を越えていたのではないでしょうか!?

あらためて≪たまリバー55≫を自分なりに考え地元≪えどリバー≫と比較してみると

1.多摩川はロケーションが良い
スタートしてしばらくは山が見れて自然と街が共存している風景、それが徐々に都会へと向かっていくと山と反比例してビル群が沢山現れる。個人的には右カーブして川崎の街並みに夕日が当たる情景が大好きです。
江戸川、つまんねぇ〜(笑)

2.多摩川は走る環境に適している
あくまで個人の感想ですが、狭い区間あるものの、平均すればおそらく江戸川よりは走行区間に関し広いような気がします。
また、江戸川はなんでというくらい工事区間が多く、いろいろな箇所をやっているので回り道も相当なもの。はっきり言って走り切れるか予想がつかない。
江戸川、工事予算結構ありそうだし〜(笑)

3.多摩川は手の届くところにコンビニ、自販機がある
多摩川は川と反対側にコンビニや自販機をちょいちょい見る。水分補給やトイレは比較的安心できる。
対して江戸川は『ゼロメートル地帯』と呼ばれ、水害から守るために土手が高く、富士山型の構造(富士山のてっぺんを走るイメージで両サイドが低い)であるが故、コンビニ、自販機を探すにはかなり降りて行くしかない。ちなみに篠崎〜三郷付近、約15K区間でコンビニは一件確認出来たのみ。
しかし昨年の台風では江戸川沿いはこれと言った大きな被害はゼロ。有難い話ではありますが…

そんなこんな江戸川を酷く言ってしまいましたが、機会があれば≪えどリバー 勝手にスローチャレンジ≫を機会があれば挑戦してみたいなと今回参加してみて思った次第です。
ツカゴロウ気まぐれなので、本当にやるかは不確定でありますが、そんな事もうっすら考えながら走ることが出来た楽しいランニングの一日でした。










Re:多摩川スローチャレンジ55kmに参加しました  No.6093-6
投稿者 しほりん(中津) 2020/10/23(Fri) 21:09:02 

大変遅くなりましたが、監督、スタッフ、ご参加の皆さま、お世話になりありがとうございました。お疲れ様でした。

私は今回初めて、そして和泉多摩川から後半のみの参加でした。
たまリバーの翌週約8ヶ月ぶりのレースを予定しており、レース前のペース走として充実した練習となりました。
皆さんが楽しく走られた話をお聞きして、次回は55キロ走破したいと思っております。
今回何よりも久しぶりに皆さんにお会いできたことがとても嬉しく元気をいただけました。
コロナ禍において様々な対策のもと企画して下さった事務局に感謝致します!







ランニング講習会参加してまいりました。  No.6092-0
投稿者 ツカゴロウ(大塚) 2020/09/27(Sun) 11:44:39 

ツカゴロウです。

だいぶ遅い報告になってしまいましたが、9/22ランニングフォーム撮影・基本実技講習を受講してまいりました。

監督、一緒に受けていただいた方、お世話になり有難うございました。

受講時、今回の参加理由を聞かれ
「参加予定レースがことごとく中止となる最中、大会から遠ざかっている自分のフォームがどうなっているのかが知りたい。」
とお答えいたしましたが、実はもう一つ理由がありまして…

9月初めに自分が仕事をしているフランチャイズグループで2年に一回、資格を更新しなければならない認定試験(実技・筆記)を受験した時の事。

結果は後日合格を伝えられるも本部試験管からは「実技は突っ込みどころ満載、自己流になっている!」とのご指摘。
確かに経験から得たものは理解出来るものの、基本を大切にしていただないと困りますとのこと。

これを聞いて、自分のランニングフォームも自己流になってはしないか、ひいてはそれが怪我に繋がらないとも限らないと気がつかされた次第。

実際、業務上でお客様からクレームを頂戴しており、これはある種、ランニングにおける怪我と言う事に匹敵するのかもしれないと思った訳です。

そんな事もあり参加を決めました。くしくもこの講習を受けるのも2年ぶり。2年経ってしまうと、さすがに以前の内容は自分の歳では覚えていられませんね(笑)

思った通り、走力に比例して腰も低く落ちてしまっている事が撮影フォームから良く分かりました。
監督からレクチャーしていただき、改善されたものの段々と地球の重力には逆らえない身体になりつつあるのかなと(泣)
少なくとも教えていただいた事柄を反復していかなければならないと強く感じた次第です。

午前の実技講習に続き午後からは座学。
ここでも2年ぶりですっかり忘れていた事が沢山すぎ(笑)
特に食事管理の部分はその重要性が大いに勉強になりました。

コロナの影響で確かに抱えきれない程の不便や不満はありますが、レース中止が相次ぐこんな時だからこそ、視点を変えてみる事も大事と改めて感じさせてもらえた充実の受講となりました。







Re:ランニング講習会参加してまいりました。  No.6092-1
投稿者 快体健歩ランニングクラブ代表 佐々木誠 2020/10/14(Wed) 14:49:03 E-mail 

大塚さん、ご参加ありがとうございました。

行っている実技と座学の中で、幾つのスキル、ノウハウ、テクニックを提供しているか、数えたこともありませんが相当数あると思います。そして、同じテーマでも講習会の中では教えきれないことはその数倍もあり、さらに取り上げていないテーマもたくさんあります。
改善できるスキルノウハウテクニックの数だけ、記録を伸ばす可能性があるということです。

さて、走力、記録の維持向上を望む方は、何かを取り上げて実践しているでしょうか?
経験が長いランナーほど「漠然と走る、頑張るではしょうがない」ことは理解されていると思います。
「トレーニングは自分なりに考えてしっかりやっている」というランナーでも効果が出るように行えていない方がほとんどのようです。
効果が出るように行えていないことをもう少し具体的に、代表的な3つを上げるとすれば、
・バリエーションが不適当
・定例性に欠ける
・精度が不適当

感じるところの傾向ですが、フルマラソンで4時間より遅いランナーほど、そもそも走る頻度、量が少ないので上記に相当しやすくなります。サブフォーより速い人では上記の3つに関して「わかっているけど変えられない」方が半分で、残りの半分の方は「自分では問題なくできていると思っていて、不十分なことに気づいていないように思います。

大塚さんが述べてくれました・・・
「レース中止が相次ぐこんな時だからこそ、視点を変えてみる事も大事」
春から似たようなことを私も申し上げてきましたが、今からでも遅くはありません。
ランニング講習会をどうぞご利用ください。




 |  No. -  DEL-KEY:
  

   16個の書き込みを表示しましたが、まだ続きがあります。
   ■ クッキー削除 ■
快体健歩療術院ホームページ(ランニング障害対処・オーダーインソール)
快体健歩ランニングクラブ(ランニング講習会・練習会)