快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

[1]   2   3   >>   
2021年07月28日(水)

アキレス腱の痛み Aさんのケース

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、アキレス腱滑液泡炎などがあるアキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、アキレス腱滑液泡炎などがある
【クライアントさんプロフィール】
男性40代、走歴5年、月間走行距離約100km。20
19年の3回目のフルマラソン4時間台前半が自己ベスト。
昨年より違和感、痛みがあり、走るほどに徐々にではあるが悪化を感じている。12月にレース出場希望。
これまで二つの整形外科でレントゲンとエコーによりアキレス腱周囲炎またはアキレス腱滑液包炎との診断を受ける。

【トータルカウンセリングによる診断結果】
快体健歩ご来院の目的、ご本人の要望は「オーダーインソールによる改善」でした。トータルカウンセリングを行い、オーダーインソールの設計データを入手するとともに、症状の確認と予防策に必要な原因追求をさせていただきました。
トレーニング要因としては、準備運動、整理運動の不十分と、練習の最後に入れることがある短いスプリントや坂ダッシュが上げられます。
「最後にスピードを上げる」・・・行っているランナーは少なくないと思いますが、これは要注意です。「もう終わりだし余裕もあるから速いイメージで気持ちよく終わりたい」という気持ちはわかりますが、急な刺激、ストレスという点で実は故障リスクが高いす。全否定しているのではなく、ダッシュ以外の練習メニューも合わせた計画性と負荷の大きさがマッチしていれば効果的ですが、マッチしていなければ効果は無くリスクが高まるということです。特に整理体操をないがしろにする場合はさらに高リスクとなります。

状態要因の診断では、しなやかで力強い筋肉は高評価でした。障害の関連で注目したのは歩行時の足の着地位置が極端に内側に入る点でした。(トレッドミルの画像参照)黄色の骨のライン、アキレス腱の中心のラインが水平より大きく傾いています。
実はAさんは3年前のランニング講習会を受講されていたので、その時のランニングの背面からの撮影動画を引っ張り出してみたところ、内側への脚の傾き、ズレは顕著でした。
こうした特徴は、内くるぶしの内側への倒れ込みを誘発して足底腱膜炎になるケースが多いと思いますが、Aさんのケースでは足自体は傾かず真横内へスライドしているのでアキレス腱の障害につながったと考えます。大元の原因は骨盤周辺(特に内側)の柔軟性の不足と考えられます

【対処法のご提案】
痛みの緩和と再発予防のために以下のサポートを行うことにしました。
オーダーインソールで着地による足根部から上の不安定軽減
骨盤から下の脚の動きを改善させるエクササイズ、ウォーキングレッスン
・下腿三頭筋と股関節回りのストレッチバリエーションのレッスン

今回のケースでは、裸足での歩行動作の足の動画と背面からのランニングフォーム動画が重要な情報となりました。
これらは整形外科では見てくれません。快体健歩でこそ明らかにできたことであり、良かったです。

状態と症状の原因把握、改善策策定に、トータルカウンセリングをどうぞ。
https://www.kaitaikenpo.com/clinic/counseling/

ランニングフォームの動画撮影は講習会やパーソナルレッスンをどうぞ。
https://www.kaitaikenpo.com/running_form/

続きを読む...

2021/07/28 07:16 | 痛み・障害 治療のお話 | コメント(0)

2021年07月20日(火)

7/18(日)東京のオリンピックゆかりの地をめぐるマラニックレポート

7/18(日)東京のオリンピックゆかりの地をめぐるマラニック
ご参加の皆様おつかれさまでした。
 
企画起草から3年、その間に五輪延期、度重なる緊急事態宣言措置等、天候不良。
のりこえて、やっとの日の目。
あまりに本番間際のために、2020のエリアでは立ち入れなかったところもありました。残念ですが、会期が終わったらぜひ走って行って見てください。
五輪に関しては、特に今大会についてはいろんな思いが交錯しますが、本企画を通じて、陸上、マラソン、スポーツの歴史に関する知識を深める良い機会になったのではないでしょうか。それがまたご自身のランニングライフを豊かにしてくれると思います。
そうした意味に置いては、2020大会を終えてからも開催しても良いかな・・・。と思いました。

全写真画像は以下でご覧いただけます。ダウンロードも可能です。
https://30d.jp/kaitaikenpo/271
合言葉:ot18

続きを読む...

2021/07/20 10:59 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2021年07月11日(日)

7/10 ペース走練習会&ランニングクリニックin木場公園 開催レポ

木場公園12:15木場公園12:15
当地では今シーズン一番の蒸し暑さと感じられたこの日、4人でしたが、それぞれに充実した練習を行いました。暑さとコロナの影響で木場公園の来園者も少なめです。いつもそうですが12時を過ぎると引き潮のように一斉に人がいなくなるのですが、今日は一層強く感じられました。新たに書き添えた「飲食ご遠慮ください」の告知看板も・・・。
さて、実施内容は次のとおり。

2度目の参加のIさんはリハビリの時期とのことですが、前回の6月よりも感覚、走力を取り戻されてきたのか、前回より厳しい暑さの中でも時間いっぱい21kmを走破して満足な様子でした。

Mさんは久しぶりの木場公園ペース走。暑さで予定の距離をこなせませんでしたが、この時期に「ロングペース走」の練習に取り組めたことそのものを収穫と言っておられました。
7月に入って雨は続いたものの暑さはそれほどでもなく走れる日々が続きましたから「行けそうな」気がしたのも解る気がします。今後は短く速いメニューへの移行を検討とのこと。


 

続きを読む...

2021/07/11 09:32 | 走り方(練習、フォームなど)のお話 | コメント(0)

2021年06月30日(水)

膝の内側の痛み Gさんのケース(2)

源田さんのMRI検査結果は、内側半月板損傷でした。「亀裂が入っている、治療をするなら手術、走ると亀裂が広がるかも…」とも言われたそうです。
私の見立てのとおりです。

症状やランニングの現況など、初診のお話は「膝の内側の痛み Gさんのケース(1)」をご覧ください。


ランニング講習会などでも申し上げてきましたが、「“レントゲンで異常なし”というは骨の連続性の異常が見られないということだけで、それ以外には言及しません。」ということです。割合からすれば、多くのランニング障害、スポーツ障害の中で、レントゲンで明らかになる骨折や脱臼などが占める割合はとても少ないです。
「レントゲンで骨の異常なし」と聞くとホッとして診察を後にしてしまうかもしれませんが、実は何の解決にもなっていません。診断する側も、それ以上の「だったら何なの?」を追求して調べて治療に進むことは稀です。せいぜい、痛み止め、湿布薬、安静指示程度で終了になります。

ましてや「こうすれば走れるようになる」は論外で、走らないこと、ランニングを辞めることを勧められることも少なくないでしょう。私もそう言われた経験者ですし、(「あなたの体は走るのに向いていない」とまで言われました。)そう言われた人を何人も見てきました。
「普段の生活ができるのであれば・・・、一歩ふみこんで仕事に差し支えないのであれば・・・、痛くならない状況を作りましょう → 走らない」
―― そのとおりでしょう。ランニングに限らず、すべての市民スポーツにおける痛みや違和感の治療から再発予防の面倒までをみるとすれば、病院も接骨院も、日本の医療費もいくらあっても足りないと考えると納得もします。
それにしても、「知って、治して、走りたい」に対して「骨の問題なし、以上。お大事にどうぞ」というすれ違いは何とかならないのでしょうか。
これに関しては場を改めて発言したいと思います。

さて、源田さんは私のトータルカウンセリングと整形外科のMRI診断の結果を受けて、「長くモヤモヤしていた事がスッキリ解消され、これからやるべき事が見えてきたので本当に相談に行ってよかったです。走るとまた繰り返しそうなので、しばらくは歩いてみようかと思います。カロリーの管理はしていなかったので意識してみます。」との感想をいただきました。
私の方でも、これで症状がより明らかになったので、さらに具体的なサポートメニューを絞って提案することができます。
トータルカウンセリングはこちら

 

続きを読む...

2021/06/30 10:37 | 痛み・障害 治療のお話 | コメント(0)

2021年06月27日(日)

7月18日(日)東京のオリンピックゆかりの地をめぐるマラニック 見どころ案内

集合・スタート 駒沢オリンピック公園集合・スタート 駒沢オリンピック公園
7月4日開催から雨天延期で7月18日の開催となります。

マラニックとはマラソンとピクニックの造語といわれています。山西哲郎先生の指導の元では昭和の頃から行われていました。市民マラソンが盛んになった今ではウルトラマラソン系のマラニック大会から仲間や個人で行うものまで、実践者も多くマラニックという言葉も定着してきた感があります。
快体健歩では、マラニックを「心身に余裕をもったランニングで、行く先々で社会、自然、人とのコミュニケーション、発見、感動、感心を味わうランニングスタイル」と理解し、2009年設立以来月1回以上の頻度で数多く開催しておあります。
 
コロナの影響で久しぶりの開催となる今回、あえてのネタバレになりますが、大声や密でのガイドトークを回避する意味もあり、大々的に見どころを事前案内いたします。ゆく先々のイメージを掴むことでより楽しんでいただけると幸いです。
公式開催要項、申込はこちら↓
https://www.kaitaikenpo.com/maranic_schedule/01-copy.html
 
スタートは駒沢オリンピック公園。その名のとおり1964年第18回東京五輪の第二会場として、サッカー、ホッケー、バレーボール、レスリングの会場が行われたところです。現在の記念塔には聖火台が、現陸上競技場には集火台があったようです。
屋内球技場にある「東洋の魔女」銅板は残念ながら当日は開場されていないので見ることができませんが、オリンピックメモリアルギャラリーでは、大会の様子や記録を伝えるパネルやユニフォーム展示を見ることができます。
私たちランナーにとっては、五輪のレガシーとしてよりも練習場としての駒沢公園が馴染みかもしれません。園内に設けられた1周2.14㎞のジョギングコースを1周回した後に、メモリアルギャラリーを15分程度見学する予定です。
 
続いて代々木方面へと向かいますが、知る人ぞ知る通称「オリンピック道路」を走ります。駒沢公園は、1964年第18回からさらに遡った1940年の第12回東京五輪のメイン会場予定地でしたが(中止となる)、そこに通じて整備されたのが「オリンピック道路」。地元の方なら知っているかもしれません。
 
世田谷区の住宅地に清涼感をもたらす緑道を走り、渋谷道玄坂を横断して10kmあたりで到着するのが第18回東京五輪の選手村、代々木公園です。五輪橋や、園内にひっそりと佇むオランダ選手宿舎跡の見どころと、私が最も惹かれたのが当時の選手村の解説地図をレリーフに刻んだモニュメントです。とても細かく描かれており、現地ならではの臨場感をもって想像を楽しめます。
もちろん、織田フィールドの由来にも触れましょう。・・・織田フィールドは選手村における陸上競技の練習場でした。1928年アムステルダム五輪三段跳びで日本初の金メダルに輝き、後の日本の陸上界に大きく貢献された織田幹夫さんにちなんで今も陸上競技場として使われています。ここを練習拠点にするクラブ、市民ランナーも少なくありませんが、こうした文化に触れることもランニングの奥深い楽しみ方の一つと思います。
 
今大会TOKYO2020では、織田フィールドは陸上競技の練習会となりますし、隣接の国立代々木競技場はオリンピックのハンドボール、パラリンピックの車いすラグビー、バトミントンの会場となります。
代々木公園を出て14~15㎞地点が北参道~甲州街道。ここは、アベベ選手や円谷幸吉選手が走った第18回東京五輪のマラソンコースです。かみしめて走りたいと思います。
続いて東京マラソンのコース靖国通りを走り、起伏の大きな富久町交差点に着きますが、ここは札幌に移転する前のTOKYO2020のマラソンコース。勝敗を分けるといわれた40㎞地点です。選考会となったMGC(マラソングランドチャンピオンシップ大会)は今や思い出です。
 
私たちのマラニックは、そこに息吹を吹き返すかのように、幻の本番さながら(あくまでゆっくりですが)、ゴールの新国立競技場をめざしましょう。今回のマラニックのフィニッシュは20㎞。残念ながら、当然ながら、スタジアムのトラックではなく周辺のどこかになります。
TOKYO2020の卓球の会場となる東京体育館、陸上競技のウォーミングアップ会場となる神宮外苑絵画館前の横を走り抜け、TOKYO2020オリンピックギャラリー前がマラニックのフィニッシュ20kmとなります。
 
フィニッシュ後はサマディや清水湯で汗を流し、オリンピックギャラリーを見学というのはいかがでしょうか?
(※フィニッシュ後のこれらは公式イベント終了後の各自行動となります。なお、オリンピックギャラリーは今のところ事前予約制となっております。)

 

続きを読む...

2021/06/27 16:37 | お知らせ/レポート | コメント(0)

[1]   2   3   >>   
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ