快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

[1]   2   3   4   5   >>   
2021年11月19日(金)

トレーニング計画・メニューの作り方ー2 テーマバリエーション

トレーニングテーマと期待効果トレーニングテーマと期待効果
1.テーマバリエーション
ここで言うテーマとはトレーニングによって身体の何を向上させるかという対象のことで、大きく分けると次の四つです。
①持久力・・・長く走れる
②スピード・・・速く走れる
③ランニングフォーム
④運動器の能力(筋力や柔軟性、バランス)
⑤トライアル、シミュレーション

シンプルに考えましょう。マラソンの記録を向上させるということは前述の①と②、速くかつ長く走れるようになることです。
④の運動器の能力を向上させることは、①、②、③のそれぞれを向上させることになります。
③を向上させることは①と②を向上させることに繋がります。
①と②の関係性においては、どちらかを向上させることによりもう一方のパフォーマンスも高まるという考え方をしてみましょう。
より長く走れるようになったならばその余裕を後半から終盤のスピード、スパートに活かすことができます。逆に、狙う種目より短い距離をより速く走れるようになったならば、一ランク遅い速さでは後半でもスピードを維持あるいは上げて長く走り切ることができます。

①持久力を向上させるためのトレーニングと②スピードを向上させるためのトレーニングをバランスよく行うことが必須となります。で、さらに③と④を補うことでより効率的に走力向上が期待できます。さらに工夫することでその先の伸びしろも期待できます。
ちなみに、①から④のどれか一つのテーマだけを行った場合でも、効果的な負荷で計画的に取り組めば少なからず効果は得られると思いますが、達成率は低いでしょうし、すぐに頭打ちになります。
⑤の総合力、トライアルチェックは目標種目に対する総合力を計りながら強化させるメニューで、マラソンのための20㎞以上のロング、目標ペース相当以上のペース走が該当します。

2021/11/19 08:41 | 走り方(練習、フォームなど)のお話 | コメント(0)

2021年11月12日(金)

11月12日 状況報告

コロナに関する報道、情報に対して、治療に関するものは関心をもって見ますが、感染者数やワクチンに関するものに対しては、ブレイクスルー感染、ロングコビッドという狭き門をくぐってしまった者のやりきれなさゆえ、さめた気持ちになってしまいますね。
 
今どんな治療をしているかというと、Bスポット療法と漢方薬です。当初と変わりありません。
Bスポット療法とは、上咽頭(鼻咽腔)に塩化亜鉛を直接塗布することで症状を抑える治療法で、コロナ後遺症ではまず行ってみるべき治療法のようです。効いた人は塗布にヒリヒリした痛みを伴うようですが私の場合は最初からほとんど痛さは感じず、効果が出ているとは思い難いですが、耳鼻科が近くにあることと、ついでに施してもらう鼻通しが息苦しさの一時的な解消になるのでいまだに続けています。
漢方薬もコロナ後遺症のスタンダードなアプローチですが、そもそも日本では国が認めた後遺症に対する治療で確立されているものはゼロであり、それぞれの症状に対処した療法をとるしかないのです。私の場合は自律神経失調、慢性疲労症候群に対しての生薬を服用しています。
 
相変わらず調子のよい日と悪い日の波があります。11月に入って、自律神経失調のせいと思われる寒暖差アレルギー性鼻炎や目の不調など悪いこともありますが、倦怠感と動悸の不調の持続時間が短くなったような気がして希望が持てます。
しんどいことをするとどん底に陥るリスクがあるのであくまで慎重にですが、調子のよい時をみはからって電車で移動して長ければ2時間も出かけでみたりしました。21日のマラニックのお見送りとお迎えをしたいと思っています。

2021/11/12 19:46 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2021年11月07日(日)

国立競技場敷地&フィールド展望

療養中の散歩がてら国立競技場へ行くことがしばしば。
スタジアム建設中から長い間フェンスに閉ざされていた敷地もTOKYO2020閉幕後に開放されています。外周の歩道を元気に走っていた頃が懐かしく感じられ、盛夏の五輪を境に一変してしまった季節と身上に思いを馳せると「夢の出来事ではないか」と思ってしまいます。

さてその敷地内、夜はわかりませんが自由に入ることができます。
トイレや自販機、ベンチも充実している上に建物の庇が大きいので「雨でも濡れずに走れそう」と思っていたところ、場内アナウンスで、「ランニングは・・・速く走る、集団で走る、集うなどお辞めください」とのこと。それでもごく少人数の散策ジョグや外周歩道ラン、神宮外苑コースなどの拠点には良い場所だと思います。

11月末までの日曜祝日は「フィールド展望」が開催されています。要事前予約で1000円、60分。私は既に何度か仕事で中に入っていますし体調のこともあるので入場していませんが、大型ビジョンで五輪の模様を映したり、施設のガイドがあったりするのかもしれません。詳細はhttps://reserva.be/japannationalstadium/news
 
#国立競技場 #ランニング #TOKYO2020 #陸上

続きを読む...

2021/11/07 14:14 | My Running | コメント(0)

2021年11月03日(水)

トレーニング計画・メニューの作り方ー1 全体構成要素

効果的なトレーニングとは?
インターバル走、ビルドアップ走、LSD、レペティション、ファルトレク、(ロングスローディスタンス)、心拍トレーニング、ガチユル走、サーキットトレーニング、筋トレ、クロストレーニングなど、長距離走、マラソンのトレーニングには様々なものがあります。
市民ランナーを対象にしたランニング講習会を行っておりますが、トレーニング計画・メニューがきっちり立てられているという方は3割にも満たないくらいです。大事だと思っていても、どれが良いのか?(自分に合っているのか)正しいやり方は?どの程度やれば良いのか?・・・何となくレースに向けて大雑把に・・・という方が多いようです。

一つのトレーニングメニューをもってこれが一番良いというのはありません。また、とある人のサブフォー達成トレーニング計画が他の人にも通用するかというと、そうでもありません。
大事なことは、「自分の現在の走力とトレーニング環境、目標までの期間に行える頻度、時間に見合った計画・メニューであるかどうか」、これを知っているのは自分自身です。
「自分に合った効果的なトレーニング計画・メニューは自分で作れてこそ!」

自分で作るために必要なことをレクチャーしてまいります。
まずは全体構成。効果的なマラソントレーニングを構成する要素は図のとおりです。
具体性のない概念的な言葉が並んでいるので退屈かもしれませんが、うまくゆかない原因はこれらのどこかに必ずあります。どれか一つに問題があるだけで台無しになってしまうことも珍しくありません。

次回以降、一つずつ取り上げて解説してゆきたいと思います。

続きを読む...

2021/11/03 19:00 | 走り方(練習、フォームなど)のお話 | コメント(0)

2021年10月24日(日)

10月24日 状況報告

オンラインマラソンの掲示板書き込みを見て勇気づけられております。
そして今日は木場公園練習会。15名のご参加ありがとうございます。好天にも恵まれて楽しく走られている姿が目に浮かびました。
せめて顔出しだけでも行ける状態になっていることを願っていたのですが叶いませんでした。

しかしながら今週に入ってからは以前より調子が良い時間が多く、悪い時にしても軽度で時間が短くなりました。(気のせいかもしれませんが、良い方に解釈するのが大事なのです・・・)総じて上向きです!
特に今までと変わったことや変わった薬も無いですが、とにかく外の空気を吸うようにしています。臓器が外気を、足が大地を求めているのでしょうか。寒かろうが雨だろうが、とにかく窓を開けて、できればベランダでなごみ、さらに体調をみながら外出してのスローウォーク。心身晴れやかになり、功を奏しているようです。また、昨日は一駅ほど電車往復もこなせました。
日常生活やパソコン作業などにおいて、決して無理をせず、休養をセットに、できる範囲の確信を重ねるようにし、少しのチャレンジを加え始めています。走るトレーニングの負荷設定で教えていることと同じ考え方です!!

カラダもさることながら、メンタルも相当ダメージを受けているようです。気持ちで負けないように、とにかくこの右肩上がりを緩やかでも確実にキープしてゆきたいです。
次回、今回よりも少しでも良い報告をご期待ください。

2021/10/24 15:50 | お知らせ/レポート | コメント(1)

[1]   2   3   4   5   >>   
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ