快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

[1]   2   3   4   >>   
2022年01月21日(金)

コロナ感染予防のためのイベント中止/後遺症容体報告

感染急拡大につき、自主企画の練習会、マラニックを中止とさせていただきました。ご参加予定だった皆さん、準備をしてくださった幹事の皆様には申し訳ございませんがご理解のほどよろしくお願いいたします。

今回の休止決断については、できる限り客観的な説明が望ましいのでしょうが、どうしても自らの後遺症のことも考えてしまいました。
国や自治体、企業、個人、それぞれの対応の仕方には、オミクロン株の、「風邪に近い、軽症で済む」という特徴が、大きな影響を与えています。もっともなことです。一方、残念ながら後遺症が残る確率についてのデータや見解は聞こえてきません。
私のように、どれほど注意をしていてもブレイクスルー感染は起こりえます。軽症でも後遺症の方がひどく、こんなにも長引く事例もあるのです。
当事者なので当然とも言えますが、後遺症に悩む人は一般的に予想されているよりも多いという実感があります。割合からすれば少ないかもしれませんが、だから放置されて良いはずはありません。
日本ではロングコビッドに対する予算が諸外国に比べて少ないらしいという話も聞きました。感染が拡大するほどに、関心も予算も新規感染を防ぐことばかりに注がれてしまい、後遺症のことはさらに後回しに・・・。感染者の症状を抑える薬は出ましたが、後遺症に対しての治療は依然と手探りやお手上げか・・・。

感染してしまう、後遺症になってしまうのは神のみが知るところでしょうが、たとえ小さなことでも自身の判断でリスクを下げることもできるはずです。
どうか皆さん、お気を付けください。

私の容体は年末に一気に後退しましたが、今週に入って上向きに転じています。相変わらず動悸や倦怠感、息苦しさなど、多様な症状が見え隠れしていますがウォーキングパフォーマンスは確実に向上しています。
(これまでは「療養散歩」と言っていましたが、さらなる向上を期す表現として「ウォーキング」に格上げしました!)

続きを読む...

2022/01/21 14:41 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2022年01月03日(月)

新年ご挨拶・療養状況報告

明けましておめでとうございます。
それぞれの走り納め、走り初めはいかがだったでしょうか?
昨年末の赤羽リレーマラソン、初日の出企画の様子からは、元気に走る日常が今年も続いてゆくことが感じられ、頼もしく感じました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年末、12月26日の投稿で好調の報告をさせていただいたのですが、なんとその翌日午後に発作的に諸症状に見舞われて、また大きく後退してしまいました。
例年は東京試走や初日の出、青梅のコースチェックなど走り込みになる年末年始ですが、療養生活です。
元日は、初めて元旦競歩大会を少しの間ですが観戦しました。
十数年前から「ランニングの指導スキルを向上させるために競歩の運動力学を学びつつチャレンジしたい」そんな思いを抱きつつ、実行できないままこの年齢、しかもこのような健康状態に・・・。
何であれ、生きて希望を抱いていれば必ずスタートラインに再び立てることを決意する新春です。

2022/01/03 11:46 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2021年12月26日(日)

12月26日 状況報告

11月後半は好不調の波としては大きな底状態でまいりましたが、その反動のように12月8日頃から大きく改善した感があります。
何しろ朝の目覚めが普通になり、洗顔、朝食までの一連を休まずに行えるようになりました。さらに希望が持てるのは、普通の速度で歩いても心拍数100未満に抑えられ、3km以上続けて歩けるようになりました。心拍数を指標にする習慣があったからこそ客観的データで回復を実感できることができています。
紅葉マラニックのお見送りお出迎えと、隅田川練習会のスタートに顔を出すこともできました。25日の駅伝にも行こうと考えましたが、ちょっと遠いことと朝早いこと、寒いこともあり、セーブしました。
 
これまでの好不調の要因もはっきりしないので何とも言えませんが、今回の好転のきっかけは、漢方の煎じ薬に新たに追加した「冬参」という飲み薬の効果と、ウォーキングを慎重から積極に転換してパフォーマンスを記録しだしたこと、胸郭を重点としたストレッチを一日に2,3回取り入れたことと思っています。
特に下半身のストレッチは専門分野でしたが、胸郭に注目したのは「ウィルスによってやられてしまった肺、呼吸に対してできることはないか?」という考えからです。
何しろコロナ後遺症は、どの症状にしても治療の決め手がありません。であれば、「自分で決めてやれることをやってみる」・・・、故障ランナーのリハビリ、マラソンのトレーニングと同じ考え方です。
 
ウォーキングでは改善していますが、その他のパソコン作業や家事手作業などは、数十分で疲れてしまいます。これもまた徐々に長い時間できるようになることが目標です。
今後また不調の大波に襲われるかもしれませんが、トライ&エラー、そうなったら考えるまでで、とりあえず回復に向かっている現状がすべてと思うようにしています。
10年以上続けてきた初日の出ランはお休みです。
元日の朝はどう過ごそうかな?TVのニューイヤー駅伝か、元旦競歩の見学応援か?

 

続きを読む...

2021/12/26 14:53 | お知らせ/レポート | コメント(1)

2021年12月02日(木)

12月2日 状況報告

前回状況報告した11月初旬から一週間はこれまでにないくらい調子のよい日が続いたのですが、中旬以降に急激にかなり悪い方に落ち込んでしまいました。
主な症状をおさらいしますと倦怠感と息苦しさです。手足が重くだるく特に手作業に支障をきたします。体温には関係なく顔と頭が火照るのと、普通に呼吸はできていますが、悪い時は胸部がつかえた感じで酸素が入ってゆかないような息苦しさを感じます。
何しろ疲れやすく、身の回りのことなども30分以上続けると疲れてきます。歩いて移動もできますが続けて歩くには超スローでせいぜい2km程度、普通の歩く速度ではすぐ心拍が上がってしまいます。
その他、微熱と脈拍が高いのはずっと続いているのと、単発的に体のあちこちで炎症や痛みが出たりしています。
症状の重さは時間によって、日によって波があるのですが、決まって起床時が最もつらく、火照りが出るのは昼から午後、夕方から夜が更けるにつれてかなり普通に近い状態に落ち着きます。
一日の半分は使いものになっておらず、楽しみと言えば夕焼けと紅葉を愛でる散歩と妻との夕食でしょうか。
 
お絵描きマラニックの際はお見送りとお出迎えに行きました。皆さんとお会いするのは約4か月ぶりでもっとお話をしたかったのですが、体調が伴わず姿を見せただけになってしまい残念でした。
体調が良ければ12月12日の紅葉マラニックと、さらに良ければ木場公園の練習会にも顔出しさせていただく予定です。
 
皆さんのランニング報告、掲示板やフェイスブックへの投稿もまた楽しみにしております。

2021/12/02 17:50 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2021年11月12日(金)

11月12日 状況報告

コロナに関する報道、情報に対して、治療に関するものは関心をもって見ますが、感染者数やワクチンに関するものに対しては、ブレイクスルー感染、ロングコビッドという狭き門をくぐってしまった者のやりきれなさゆえ、さめた気持ちになってしまいますね。
 
今どんな治療をしているかというと、Bスポット療法と漢方薬です。当初と変わりありません。
Bスポット療法とは、上咽頭(鼻咽腔)に塩化亜鉛を直接塗布することで症状を抑える治療法で、コロナ後遺症ではまず行ってみるべき治療法のようです。効いた人は塗布にヒリヒリした痛みを伴うようですが私の場合は最初からほとんど痛さは感じず、効果が出ているとは思い難いですが、耳鼻科が近くにあることと、ついでに施してもらう鼻通しが息苦しさの一時的な解消になるのでいまだに続けています。
漢方薬もコロナ後遺症のスタンダードなアプローチですが、そもそも日本では国が認めた後遺症に対する治療で確立されているものはゼロであり、それぞれの症状に対処した療法をとるしかないのです。私の場合は自律神経失調、慢性疲労症候群に対しての生薬を服用しています。
 
相変わらず調子のよい日と悪い日の波があります。11月に入って、自律神経失調のせいと思われる寒暖差アレルギー性鼻炎や目の不調など悪いこともありますが、倦怠感と動悸の不調の持続時間が短くなったような気がして希望が持てます。
しんどいことをするとどん底に陥るリスクがあるのであくまで慎重にですが、調子のよい時をみはからって電車で移動して長ければ2時間も出かけでみたりしました。21日のマラニックのお見送りとお迎えをしたいと思っています。

2021/11/12 19:46 | お知らせ/レポート | コメント(0)

[1]   2   3   4   >>   
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ