快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

2021年06月30日(水)

膝の内側の痛み Gさんのケース(2)

源田さんのMRI検査結果は、内側半月板損傷でした。「亀裂が入っている、治療をするなら手術、走ると亀裂が広がるかも…」とも言われたそうです。
私の見立てのとおりです。

症状やランニングの現況など、初診のお話は「膝の内側の痛み Gさんのケース(1)」をご覧ください。


ランニング講習会などでも申し上げてきましたが、「“レントゲンで異常なし”というは骨の連続性の異常が見られないということだけで、それ以外には言及しません。」ということです。割合からすれば、多くのランニング障害、スポーツ障害の中で、レントゲンで明らかになる骨折や脱臼などが占める割合はとても少ないです。
「レントゲンで骨の異常なし」と聞くとホッとして診察を後にしてしまうかもしれませんが、実は何の解決にもなっていません。診断する側も、それ以上の「だったら何なの?」を追求して調べて治療に進むことは稀です。せいぜい、痛み止め、湿布薬、安静指示程度で終了になります。

ましてや「こうすれば走れるようになる」は論外で、走らないこと、ランニングを辞めることを勧められることも少なくないでしょう。私もそう言われた経験者ですし、(「あなたの体は走るのに向いていない」とまで言われました。)そう言われた人を何人も見てきました。
「普段の生活ができるのであれば・・・、一歩ふみこんで仕事に差し支えないのであれば・・・、痛くならない状況を作りましょう → 走らない」
―― そのとおりでしょう。ランニングに限らず、すべての市民スポーツにおける痛みや違和感の治療から再発予防の面倒までをみるとすれば、病院も接骨院も、日本の医療費もいくらあっても足りないと考えると納得もします。
それにしても、「知って、治して、走りたい」に対して「骨の問題なし、以上。お大事にどうぞ」というすれ違いは何とかならないのでしょうか。
これに関しては場を改めて発言したいと思います。

さて、源田さんは私のトータルカウンセリングと整形外科のMRI診断の結果を受けて、「長くモヤモヤしていた事がスッキリ解消され、これからやるべき事が見えてきたので本当に相談に行ってよかったです。走るとまた繰り返しそうなので、しばらくは歩いてみようかと思います。カロリーの管理はしていなかったので意識してみます。」との感想をいただきました。
私の方でも、これで症状がより明らかになったので、さらに具体的なサポートメニューを絞って提案することができます。
トータルカウンセリングはこちら

 

続きを読む...

2021/06/30 10:37 | 痛み・障害 治療のお話 | コメント(0)

2021年06月27日(日)

7月18日(日)東京のオリンピックゆかりの地をめぐるマラニック 見どころ案内

集合・スタート 駒沢オリンピック公園集合・スタート 駒沢オリンピック公園
7月4日開催から雨天延期で7月18日の開催となります。

マラニックとはマラソンとピクニックの造語といわれています。山西哲郎先生の指導の元では昭和の頃から行われていました。市民マラソンが盛んになった今ではウルトラマラソン系のマラニック大会から仲間や個人で行うものまで、実践者も多くマラニックという言葉も定着してきた感があります。
快体健歩では、マラニックを「心身に余裕をもったランニングで、行く先々で社会、自然、人とのコミュニケーション、発見、感動、感心を味わうランニングスタイル」と理解し、2009年設立以来月1回以上の頻度で数多く開催しておあります。
 
コロナの影響で久しぶりの開催となる今回、あえてのネタバレになりますが、大声や密でのガイドトークを回避する意味もあり、大々的に見どころを事前案内いたします。ゆく先々のイメージを掴むことでより楽しんでいただけると幸いです。
公式開催要項、申込はこちら↓
https://www.kaitaikenpo.com/maranic_schedule/01-copy.html
 
スタートは駒沢オリンピック公園。その名のとおり1964年第18回東京五輪の第二会場として、サッカー、ホッケー、バレーボール、レスリングの会場が行われたところです。現在の記念塔には聖火台が、現陸上競技場には集火台があったようです。
屋内球技場にある「東洋の魔女」銅板は残念ながら当日は開場されていないので見ることができませんが、オリンピックメモリアルギャラリーでは、大会の様子や記録を伝えるパネルやユニフォーム展示を見ることができます。
私たちランナーにとっては、五輪のレガシーとしてよりも練習場としての駒沢公園が馴染みかもしれません。園内に設けられた1周2.14㎞のジョギングコースを1周回した後に、メモリアルギャラリーを15分程度見学する予定です。
 
続いて代々木方面へと向かいますが、知る人ぞ知る通称「オリンピック道路」を走ります。駒沢公園は、1964年第18回からさらに遡った1940年の第12回東京五輪のメイン会場予定地でしたが(中止となる)、そこに通じて整備されたのが「オリンピック道路」。地元の方なら知っているかもしれません。
 
世田谷区の住宅地に清涼感をもたらす緑道を走り、渋谷道玄坂を横断して10kmあたりで到着するのが第18回東京五輪の選手村、代々木公園です。五輪橋や、園内にひっそりと佇むオランダ選手宿舎跡の見どころと、私が最も惹かれたのが当時の選手村の解説地図をレリーフに刻んだモニュメントです。とても細かく描かれており、現地ならではの臨場感をもって想像を楽しめます。
もちろん、織田フィールドの由来にも触れましょう。・・・織田フィールドは選手村における陸上競技の練習場でした。1928年アムステルダム五輪三段跳びで日本初の金メダルに輝き、後の日本の陸上界に大きく貢献された織田幹夫さんにちなんで今も陸上競技場として使われています。ここを練習拠点にするクラブ、市民ランナーも少なくありませんが、こうした文化に触れることもランニングの奥深い楽しみ方の一つと思います。
 
今大会TOKYO2020では、織田フィールドは陸上競技の練習会となりますし、隣接の国立代々木競技場はオリンピックのハンドボール、パラリンピックの車いすラグビー、バトミントンの会場となります。
代々木公園を出て14~15㎞地点が北参道~甲州街道。ここは、アベベ選手や円谷幸吉選手が走った第18回東京五輪のマラソンコースです。かみしめて走りたいと思います。
続いて東京マラソンのコース靖国通りを走り、起伏の大きな富久町交差点に着きますが、ここは札幌に移転する前のTOKYO2020のマラソンコース。勝敗を分けるといわれた40㎞地点です。選考会となったMGC(マラソングランドチャンピオンシップ大会)は今や思い出です。
 
私たちのマラニックは、そこに息吹を吹き返すかのように、幻の本番さながら(あくまでゆっくりですが)、ゴールの新国立競技場をめざしましょう。今回のマラニックのフィニッシュは20㎞。残念ながら、当然ながら、スタジアムのトラックではなく周辺のどこかになります。
TOKYO2020の卓球の会場となる東京体育館、陸上競技のウォーミングアップ会場となる神宮外苑絵画館前の横を走り抜け、TOKYO2020オリンピックギャラリー前がマラニックのフィニッシュ20kmとなります。
 
フィニッシュ後はサマディや清水湯で汗を流し、オリンピックギャラリーを見学というのはいかがでしょうか?
(※フィニッシュ後のこれらは公式イベント終了後の各自行動となります。なお、オリンピックギャラリーは今のところ事前予約制となっております。)

 

続きを読む...

2021/06/27 16:37 | お知らせ | コメント(0)

2021年06月20日(日)

報告:6月19日 クラブ会員限定ZOOMミーティング「走ってる?走ってます!」

ご参加の皆さん、ありがとうございました。「もっとたくさんいると思った」との感想のとおり、予想を下回る参加人数でしたが、話足りず、聞き足りず、あっという間の2時間でした。それなりにお楽しみいただけたでしょうか。

スタートはそれぞれの近況報告。この日の参加者においては、個人差はありますが、コロナ禍どちらかというと走れていない、と感じました。
続いて「朝走るか?夜走るか?」の意見交換とメリット、デメリットのポイントレクチャー。

講習プログラム「股関節・骨盤回りのエクササイズ」は、写真、図、模型、実演を間に合わせで繕ってみました。長年の講師経験でも、狭い室内、機器操作をしながらカメラ相手というのは不慣れで、理解度を伺う余裕が無く申し訳ございませんでした。オフラインの時にきっちり補習承ります。
 
後半のテーマ「オンラインマラソン」では、積極参加というスタンスはうかがえませんでしたが、景品の魅力ということばが随所に聞かれました。
最後に、「今後のクラブに対する期待」を一言ずついただきました。短い発言時間だったこともありますが、コミュニケーション機会とスタイルの充実に関する要望がほとんどでした。
 
ZOOMミーティングイベントは初めてではありませんが、冒頭のハードウェアトラブル、カメラアングル、テキスト表示方法など、反省・改善点が多く見つかりました。今後は実施内容をダイジェスト編集してオンデマンドで見られるような仕組みも検討します。
コロナによるイベント中止がなくても、新しいクラブイベントとして、試行錯誤しながらも「とりあえず実行」してまいりたいと思います。
ご意見ご要望がありましたらお寄せください。

続きを読む...

2021/06/20 10:34 | お知らせ | コメント(0)

2021年06月14日(月)

6月19日 クラブ会員限定ZOOMミーティング「走ってる?走ってます!」

◆コロナ禍のランニング(大会参加報告、トレーニング法、一人マラニック、思いなど)
◆今日走って見たこと感じたこと
◆補強運動のニューバージョンを動画でレクチャー!
◆実施した「ビルドアップコンコーニテスト」に関する追加説明や質疑応答

続きを読む...

2021/06/14 18:20 | お知らせ | コメント(0)

2021年06月13日(日)

オリンピックスタジアム100周しました。…通算。

オリンピックスタジアム100周しました。…通算。
 
神宮外苑1325m周回コースは都内有数の定番ランニングコースです。快体健歩の水曜練習会でも隔週で走っていますが、瀬古利彦さんをはじめトップアスリートも走っていたことはご存じでしょうか。皇居のように混んでいると感じることは稀ですが、朝から夜までどんな時間帯でもランナーの姿があります。
隣接する新国立競技場(オリンピックスタジアム)の周りを走ってみると、ランナーはもちろん、歩行者もまばらです。島状になっているので通過ルートにもなりにくいようです。
一周は約1360m。ノンストップで走れますのでトレーニングコースとして使えます。神宮外苑と異なりアップダウンがありますが、それを活用することでトレーニングの質も上げられます。
 
昨年再開したトレーニングが体調の関係で頓挫してしまっているので、走力の向上ではなく維持を目的とした負荷で走っています。どこを走っても楽しめる性分ですが、ペースや心拍数の関連を遊んだり、練習会に採用するためには、GPSでラップデータを採りだめして検証することが必要です。
そしてどうにか、スタート・ゴール、100m、200m、500m、1㎞地点において計器に目を落とせる安全性があり、街灯やマンホールなど目印があるコース設定の目途がつきました。コロナ明けに紹介する機会を設けますのでご参加ください。
 
1月から採り貯めたデータを眺めてみたところ、100周回を超えておりました!これって一番かも・・・?
マラソン大会の優勝回数や完走回数は記録されること、表彰の対象になることもあります。世のランナーの中には、累積して最も多くの距離を走ったランナー、最も多く○○山を走ったランナー、皇居や神宮外苑を最も多く周回したランナーもいるはずです。今、ここ新国立競技場を最も多く周回したランナーでは私が一番かな?毎朝ジョグしている人がいればライバルですね。

2021/06/13 19:10 | My Running | コメント(0)

 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ