快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

2021年11月03日(水)

トレーニング計画・メニューの作り方ー1 全体構成要素

効果的なトレーニングとは?
インターバル走、ビルドアップ走、LSD、レペティション、ファルトレク、(ロングスローディスタンス)、心拍トレーニング、ガチユル走、サーキットトレーニング、筋トレ、クロストレーニングなど、長距離走、マラソンのトレーニングには様々なものがあります。
市民ランナーを対象にしたランニング講習会を行っておりますが、トレーニング計画・メニューがきっちり立てられているという方は3割にも満たないくらいです。大事だと思っていても、どれが良いのか?(自分に合っているのか)正しいやり方は?どの程度やれば良いのか?・・・何となくレースに向けて大雑把に・・・という方が多いようです。

一つのトレーニングメニューをもってこれが一番良いというのはありません。また、とある人のサブフォー達成トレーニング計画が他の人にも通用するかというと、そうでもありません。
大事なことは、「自分の現在の走力とトレーニング環境、目標までの期間に行える頻度、時間に見合った計画・メニューであるかどうか」、これを知っているのは自分自身です。
「自分に合った効果的なトレーニング計画・メニューは自分で作れてこそ!」

自分で作るために必要なことをレクチャーしてまいります。
まずは全体構成。効果的なマラソントレーニングを構成する要素は図のとおりです。
具体性のない概念的な言葉が並んでいるので退屈かもしれませんが、うまくゆかない原因はこれらのどこかに必ずあります。どれか一つに問題があるだけで台無しになってしまうことも珍しくありません。

次回以降、一つずつ取り上げて解説してゆきたいと思います。
効果的なマラソントレーニングを構成する要素効果的なマラソントレーニングを構成する要素

2021/11/03 19:00 | 走り方(練習、フォームなど)のお話 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ