快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

2022年02月09日(水)

後遺症容体報告

まさかのコロナ感染、まさかの後遺症発症から半年が経ってしまいました。
このところも良し悪しの波を繰り返しております。良し悪しと言ってもわかりくいですね。自分でもわからなくなってきています。というのも症状の種類が多すぎるうえに、(動悸、息苦しさ、手足だるさ、微熱、火照り、喉つまり、吐き気、頭痛、神経痛)それぞれの重さが時々で異なるのと、いろんな組み合わせで襲ってきます。五輪の採点競技ではないけれど、例えば、動悸20点満点の18点+だるさ20点満点の15点+吐き気10点満点の5点+みたいな・・・。
闘病記録日誌では、実際には上記のような細かい採点はしていないのですが、10月以降は総合点を記録しています。日常の生活が支障なくできるのを100点満点とした場合、これまでの最高が12月25日の85点。最低が複数回あって25点。2月は50点と35点の間を彷徨っているところ・・・残念ながら総じて良くないです。
そんな中でも、昨日や過去より良いところに目をむけて生活の質を向上させるようにがんばっています。悪い状態になっても、さすがに慣れてしまってパニックになるようなことはないので、総合点数では悪くても、不安だった当初に比べて前向きな気持ちを保つことができています。

東京五輪は複雑な思いがあって中継を見ることに対して抵抗もありましたが、冬の北京は純粋にアスリートの姿に勇気をもらえています。大阪や別大のマラソンからも勇気をもらえました。
体が辛い時でも、スポーツ中継を見ていると勇気をもらえるのと、余計なことを考えずに精神的に安定して過ごせるのでありがたいです。終わるとロスが怖いけど・・・。
 
週末に3回目のワクチン接種を受けることにします。2回目から7か月経過後になります。
担当医の意見や情報を参考に、受けることにしました。ワクチン副反応と重なって後遺症場が悪化する恐れもありますが、逆に好転したという報告もあるようで、後者に賭けます。後遺症を持ちながら感染するのも避けたいですし、治療に手づまりな現状ですから可能性があるものは取り入れたい気持ちです。
 
まだまだ予断を許さないコロナの感染状況です。オミクロンでも軽症から後遺症に苦しむ人が少なくないという報告も見ました。どうぞお気を付けください。
まん延防止重点措置の延長がなされれば、自主練習会も休止延長の見通しです。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2022/02/09 17:00 | お知らせ/レポート | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ