快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

2022年02月17日(木)

テーピングorサポーターorタイツ

『テーピングとサポーター、どっちが良い?』と訊かれます。
テーピングは部位の大きさ、形、症状に応じて施せるのが最大の長所ですが手間や技術に拠るのと剥がれるリスクが短所です。サポーターは簡単で安定した施しが長所ですが、アレンジができないのと望まない制御が出やすく、違和感がつきまとうこと、サイズ選びが難しいのが短所です。
リハビリ、練習、本番、日常などのシーン、応急処置、故障予防、弱点のサポートなどの目的によっても異なります。ランニングの練習や本番では、理論に基づいて上手にやれるならテーピングの方が狙った効果を期待できると思います。

タイツはどうか?とも聞かれますが、制御や障害部位をピンポイントでサポートするのはテーピングやサポーターに劣ると思います。また、下半身全体を覆うので臀部、大腿、下腿のすべてに妥協なくフィットしていることは難しいです。
不安な部位を少しでも守る故障予防や筋肉疲労の軽減には一定の効果はあると思いますが、既に発症している場合は「無いよりはマシ」くらいに思うべきでしょう。間違っても、履くことで“治る”などと期待してはいけません。

2022/02/17 13:33 | 痛み・障害 治療のお話 | コメント(0)

コメント

  • 投稿されたコメントはありません。

コメントを投稿

メールアドレスは公開されません。
※印は必須入力です。

名前※
メールアドレス
URL
コメント
画像認証
※上の画像に表示されている英数字を入力してください
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ