快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2022年01月22日(土)

トレーニング計画・メニューの作り方ー5 1週間に何回走るかー①

トレーニングは、「何を向上させるか」の目的に応じたメニューのバリエーションで構成され、一つのメニューは定期的に継続的に行うことを説いてきました。
今回は、具体的に一週間に何回走るかを考えたいと思います。

さて、中長距離走におけるトレーニングとして考えられるものにはざっと次のようなものがあります。
ペース走、サーキット、インターバル、ジョギング、LSD、ビルドアップ、クロスカントリー、クロストレーニング、レペティション、ウィンドスプリント、動きづくり、筋トレ、ストレッチ、ウェイト、12分間走、心肺トレーニング、ウォーキング、トレイルランニング、Hitt、ヤッソ800、ガチユル走、etc.
古典的なものから新しいもの、効果や目的別の考え方、さらには各指導者のメソッドに沿った具体的なメニューまできりがありません。

一番効果的なものを行いたい・・・もっともな思いです。
持久力、筋力、フォームのどれも大事!速い人はインターバル走が必要?LSDは基本らしい!・・・あれこれ目移りしてしまうかもしれませんが、これまでレクチャーしたことを思い出してください。同じメニューだけを行ったり、あれこれ時々摘まんでも効果は期待できません。

「どんなテーマ構成にするか」、「定期的に継続するには何種類くらいできるのか」、ここを間違えてしまっては良いメニュー構成、計画はできません。
はじめにメニューありきではなく、自身のランニングスタイル(=人生設計、ライフスタイル、社会環境、健康に応じた走り方)として、どの程度(頻度、時間、体力)行えるか(行う余裕があるか)・・・「一週間に何回トレーニングできるか」を基本に、しかるべきテーマ、メニューを定期的にこなせるように落とし込んでゆくことになります。
 
<想定される質問>
Q.1回の時間は?
A.筋トレだけであれば30分以内でもOKですが、走るトレ―ニングの場合は、強度によって十分なウォーミングアップやクーリングダウンも必要でしょうから、1回60分は確保したいところです。さらに、長距離走の場合は本番では2時間、3時間、4時間、・・・と長く走ることになりますから、それに適応するメニューのことを考えれば週1回、月に2,3回以上は半日以上かけられるトレーニング日を確保したいところです。

次回は具体的に「週何回でテーマはどれ?」

 

2022/01/22 19:34 | 走り方(練習、フォームなど)のお話 | コメント(0)

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ