快体健歩療術院・快体健歩ランニングクラブ

[1]   2   3   4   5   >>   
2022年12月17日(土)

コロナ後遺症容体報告 2022年12月17日

6月に40点台をマークした後、浮き沈みを繰り返しながらも長期的に上向いており11月の一か月間はほぼ70点台で安定。12月に入ってからは60点台に落ち込み傾向です。
(仕事やスポーツは別として、体のことを気にせず日常生活ができる状態を100点満点とした自己採点スコア)

上昇はゆっくり進みますが、下降は数日間で、時には一気に進むのが怖いところです。
必要以上の期待をせず、落ち込まず、淡々とした気持ちで過ごすようにしております。
具体的な主症状は相変わらず「のぼせと、息苦しさ、手足のザワつき、倦怠感、聴覚過敏、声が出にくくなる」といったもので、重いときは辛く何も手につきません。
秋以降の治療は特に新しいことはせずに、引き続きの上咽頭擦過療法と鉄、亜鉛剤の服用、上半身の呼吸に関連する部位のストレッチやセルフマッサージなどですが、良くも悪くも安定しているので、そろそろ新しい治療を思案中です。
 
なんと5km走れるようになりました。運動強度はBorgスケール8~10(自覚でかなりラク)で心拍数は最大の65%未満にキープ。約半年の3kmウォーキングを経て今年8月に走り出し、時間と距離を慎重に伸ばしてたどりつきました。速さはだいたいキロ9分前後です。
走ったからといってひどく疲れたり悪化しないことが確信できました。
のぼせや息苦しさを抱えて走って、正直気持ち良いと言えませんが間違いなく楽しいです!
30分以上のランニングで脂肪燃焼効果が生まれていると思われますが、体組成計のスコアはその点ではわずかしか見て取れません。筋量も数値ではわずかな上昇にすぎませんが、体感と触診で大腿筋群(特に内転筋群)が増強しました。
60分までは脂肪酸化能力が大幅に高まるのでこの先も楽しみです。

 

2022/12/17 15:49 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2022年10月18日(火)

東京レガシーハーフマラソン/東京夢舞マラソン

【10/16東京レガシーハーフマラソン2022】
コース審判員を務めました。
朝早くからの出動、準備を経てスタート後はほとんど立ちっぱなしになるのでハーフとはいえ不安もありましたが、当日の体調は良い方で暑くなかったことも幸いし、途中少しだけ貧血ぎみになりましたが問題なく任務を遂行できてホッとしました。
私の場合、陸連役員の任務のほとんどが救護で、コース監察員はMGC以来です。
観客の方を向いて立ち首は左を向けて、走り来る選手を見守るのが基本姿勢。
予定通過時刻どおりにトップ集団が迫ってきたのですが何しろ近過ぎ!沿道ギリギリを走ってきたので腕振りが背中に振れたのではないかと思うくらいでした。相当なスピードなので恐かったです。
そして、後続の一般ランナーにも時々近過ぎの方がいます。
声援がありがたいのか最短コースを走りたいのか定かでありませんが、日本の道路は雨水排水策として沿道の端は傾斜になっているので足には良くないことを知らないのか、気にならないのか・・・?
実際に、植え込みの枝が触れたり、観客の持つ小旗が触れたりすることもあります。スマホを持つ手が急にせり出してくることもあります。
そのための我々監察員でもありますが、選手の皆さん、おきを付けください。
 
【10/9東京夢舞マラソン】
東京レガシーハーフマラソンの前の週は東京夢舞マラソン。
2019年は台風、2020年、2021年は新型コロナで開催が見送られて(21年はオンライン開催)、久しぶりの開催となりました。
例年は走る救護ランナーをしておりましたが、こんな体なので本部の救護スタッフを仰せつかりました。
規模は例年より小さく行われましたが、参加者はそれぞれのお気に入りの過去の夢舞いTシャツを着てくださる方が多く同窓会のような雰囲気でした。
東京での市民フルマラソン開催への願いも込められて誕生した夢舞マラソンも今回は22回目。優しいマラニックとして末永く開催出来たらと思います。
「感染対策をきっちりと、ゴール後はマスクを」とは言うものの、一般ランナーもスタッフランナーも、テントの中を含む会場のあちこちではノーマスクで談笑する姿が見られました。良し悪しの問題ではなくこれが世間の実情と受け止めつつも、今の私にはまだ近寄りがたい場所でした。

 

続きを読む...

2022/10/18 14:26 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2022年10月07日(金)

コロナ後遺症容体報告 2022年10月7日

夏には、新たな治療として高濃度酸素カプセルや鍼治療などにも取り組みましたが、大きく回復もしておらず、大きく後退したわけでもなく相変わらずです。四六時中ののぼせと、息苦しさ、手足のザワつき、倦怠感、聴覚過敏が表れたり消えたり、重かったり軽かったり。
2,3日上向きだからといって期待しても裏切られ、逆に2,3日悪くてもまた上向くことを繰り返してきたので、自分から「良い感じです」「悪い感じです」とも言いにくく、前回容体報告をしてから2か月が経ってしまいました。
 
感染は昨年の8月初旬、後遺症の発症は8月の末でした。当初の3か月は不安のパニックもあり、動けず、動かず、今思えば相当苦しかった気がします。去年の今頃は歩いて移動するのも疲れ、怖かったことを思えば大きな進歩なのですが、年末を境に動悸が無なり、代わりにのぼせが出るようになってからは症状の種類に大きな変化はありません。良し悪しの波を繰り返して今日に至っております。
 
最近は治療に関する情報収集を以前ほど行わなくなりました。病気に向き合い過ぎると「なぜ・・・?や、どうすれば・・・?」というストレスに陥ることになるので、敢えて考えないようにしているようです。
元の体に戻ることをゴールにしてしまうと辿り着けない焦りとプレッシャーに苛まれることになるので、「食べて歩いてコミュニケーションをとれる体、それで良しとして楽しめる生き方をするという考え方もありかな」とも思います。
とある医師はこの考え方に対して、凝り固まるのは良くないので治る期待も持ち合わせて両方のバランスをとるように説いていました。現実的には、仕事や将来の不安を考えれば今の状態を良しとして楽しめるはずもなく、心身のバランスをとりながら療養生活を続けてゆくしかありません。
 
最近走り始めました。1kmから始めて今は2km程度、キロ9分台です。のぼせや息苦しさはあってもじっとしているより気持ちがハレます。

 

2022/10/07 14:35 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2022年08月11日(木)

コロナ後遺症容体報告

【検査集中期間】
この一か月は検査集中期間でした。胸部レントゲン、肺のCTスキャン、呼吸機能(肺活)テスト、甲状腺エコー、上咽頭から胃の内視鏡、ホルター心電図、血液検査数回、脈拍変化による自律神経バランスチェックなど。改めて原因を探ることと、大病関連のスクリーニングが目的です。
検査結果からは大きな問題は見られなかったので、二次、三次的な病気も無いらしく一安心です。かといって何を改善すれば治るという決め手には遠いままです。
倦怠感、微熱、のぼせ、息苦しさ、むかつき、手足ザワつきと多症状の症候群ですから、そこまでは期待しておらず、こんなものかな・・・と。その中でも現症状につながる結果もあるので、今後の治療法選択に活かしてゆこうと思います。
 
感染から1年が経過しました。全く走らずに1年です。好きなことを1年止めていますが禁断症状などはありません。時々頭をよぎるのは、銭湯や温泉に浸かってビールを飲む快感、もちろん走った後の方が格別なのでしょうけれど・・・。走る以前に普通の健康を求めている私は少なくともランニング依存症ではないみたいです。
 
【新宿育ちのカブトムシ】
6月からウォーキングコースとしている新宿御苑は気持ち良すぎて欠かせない場所になりました。走っていればトレイルにも出かけられますが、それもできない状況で自然に触れあえる貴重な場所です。空、風、花や草木、鳥や昆虫の世界に交わっている間は心身が安らぎます。木陰や風があればこの暑さもさほど気になりません。
写真は数日前に撮影したものですが、子供の頃に昆虫図鑑で見た絵が目の前に!まさか新宿育ちのカブトムシに遭えるとは思っていませんでした。(ちなみに、採集は禁止です)

10月までの土日の早朝開園時(7-9時)に限り、園内外周舗装路約3kmを走ることができます。私は走れませんが昆虫観察マラニックでも企画しましょうか(ガイド)・・・お子様も、かつての少年少女も喜んでくれるかも・・・。

 

続きを読む...

2022/08/11 10:39 | お知らせ/レポート | コメント(0)

2022年07月08日(金)

コロナ後遺症容体報告 2022年7月8日

【新宿御苑】
ウォーキングコース、始めた秋は神宮外苑や新国立競技場界隈でした。冬から春にかけては主に新宿三丁目や花園、曙橋~河田町などの商店街を散策していましたが、今はほぼ毎日新宿御苑を楽しんでいます。
年間パスポート2000円で通い放題、歩き放題、寝転び放題!先週の酷暑でも木陰はだいぶ涼しいです。
花見の人の混雑は特別ですが、それ以外ではそれほど多くの来場者がいません。ましてや平日の天候不順の日はガラガラです。
7月に入り蝉の鳴き声も聞こえます。まだ艶やかに咲いている薔薇を鑑賞することができます。品種や株によっては季節遅めに咲く花・・・、比べるから遅いだけで、それぞれのペースで生命を謳歌しています。その美しい姿を讃えます。おおかたのランナーがフィニッシュした後もマイペースでゴールに入ってくるランナーの姿が浮かびます。

初めて新宿御苑に入ったことを鮮明に覚えています。就職して関東暮らしを始めて2年後くらいか、季節は覚えていない、或る昼下がりに一人で来て芝生の広場に感動。村上春樹の『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を読みました。
その後の御苑エピソードは快体健歩開業の頃。ここで走っても良いですか?と聞いたところ、相当時間待たされて返ってきたのが「植物鑑賞を目的とする場所ですからご遠慮願いたい」との回答でした。「デートや読書はどうなんだ?」と食い下がることはせず諦めました。
この手の話では、明治神宮で同じテーマのエピソードがありますが・・・またの機会に。

ちなみに、新宿御苑、夏場の土日は7時~9時の早朝開園があり、なんとこの時間帯に限り決められたコースでランニング”可“です。今度詳細を聞いて報告します。 


【コロナ後遺症容体報告】
さて、6月の容体は初日50点の低調から中旬にかけて75点に上昇して期待が膨らみましたが、終盤にかけてまた落ちこみ、7月初旬の今も40~50点とふるいません。(日常の生活が支障なくできるのを100点満点とした場合の自己採点、これまでの最高が85点。最低が25点。)
伝家の宝刀ステロイドも残念ながら効いている感じがありません。副作用が要注意な薬なので徐々に減らして止める方向です。
 
やれることはまだまだあります。治療の突破口探しの目的と、後遺症とは全く別な病の発症も考えられるので各種検査を重点的にやることにしました。
息苦しさがあるのと「コロナといえば肺」なので、先日肺のCT検査を行いましたが今の不調につながる異常は見られませんでした。
そして今は心臓、ホルター心電図という24時間心電図の検査中です。さらに次は甲状腺機能も検査する予定です。
 
コロナ後遺症のこと、わからないことだらけですが、現状を読みやすく解説した記事を見つけました。↓
 
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/after-effect/detail/detail_10.html

続きを読む...

2022/07/08 15:46 | お知らせ/レポート | コメント(0)

[1]   2   3   4   5   >>   
 プロフィール
佐々木誠プロフィール

佐々木 誠 (ささき まこと)

快体健歩代表
快体健歩療術院院長
快体健歩ランニングクラブ代表

RSS

ページトップ