ランニングのためのストレッチレッスン

ストレッチレッスンTOP

走るだけじゃない。ストレッチの効果

◆ストレッチの目的
快適なランニング、高パフォーマンスのランニングを行うための、運動器のコンディショニング維持と柔軟性向上です。
アスリートモードのランナーもファンラン志向のランナーも、この先も快適なランニングライフを行うために、ストレッチは必要なものと理解し、好きになるにこしたことはありません。


◆ストレッチで故障予防!
ランニング障害の二大要因はトレーニング要因(走る頻度、量、速さ)と状態要因(骨、筋肉、靭帯、腱などの特徴、能力、状態)です。
中でも、筋肉の柔軟性を欠いた状態のリスクは大きいと思われます。他者と比べて注意することも大事ですが、柔軟性に優れているから安心ということではありません。激しいトレーニングやレース、長い間走っていなかった場合など、通常よりも柔軟性が欠如している状態では注意が必要です

・ウォーミングアップのストレッチを行うことで、非日常の身体状態へなだらかに移行し、ストレス、ダメージを軽減させます。
・クーリングダウンのストレッチを行うことで、使って硬直化してゆく運動器に歯止めをかけて日常の身体状態へ導きます。
・痛みや違和感を伴っている場合では、拘縮している筋肉をストレッチでほぐして改善をはかります。


◆ストレッチでフォーム改善・走力向上
例えば腰と大腿を結ぶ腸腰筋の柔軟性が乏しい状態では骨盤が前下方に引かれるために猫背ぎみで腰の低いフォームになりがちです。
大腿後面ハムストリングが硬ければ膝と股関節の伸展が妨げられて重心が理想の位置よりも後方に残りやすくなり、いずれも効率のよいランニングフォームとはいえません。
肩甲骨周りの柔軟性は体幹部の左右のうねりを助けてダイナミックなフォームにつながります。足関節の柔軟性はアップダウンのスピードコントロールやフォアフットなど着地のパターンに影響します。
柔軟性の維持向上は、ランニングフォームの改善につながり、トレーニング効果の底上げ、記録の可能性を高めることができると考えます。

正しくやってこそ効果があります!

どれほどの時間をかけるか、どのくらいの強さで行うかは、ウォーミングアップやクーリングダウンとして行う場合にはメインの走る速さや距離によりますし、故障中か否かで違ってきます。動きのポーズだけを真似ても、どこを伸ばしているかの意識が伴っていなければ、適切な伸ばし方ができておらず、効果がありません。
例えばアキレス腱のストレッチといわれる動作。踵を地面から上げて膝を伸ばすポーズもあれば、踵を地面におろしたままで膝を曲げる動作もあります。これらの違いは何でしょうか?どちらも下腿三頭筋へのアプローチですが、前者は主に腓腹筋のストレッチであり、後者は後脛骨筋やヒラメ筋のストレッチです。目的に応じて選択して正しく行いましょう。伸ばすタイミング、呼吸の仕方も効果に差が出ます。

快体健歩 ストレッチレッスンの特徴

1.ZOOMを利用したオンラインレッスンも可能です。
2.ランニングにおけるバイオメカニクス(整体力学)と解剖学の観点から選んだメニューを指導します。
3.回数、頻度、期間、走る練習との組み合わせ方も指導します。
4.故障リスクや弱点部位の一つの部位へのアプローチにおいては、立って行うメニューだけでなく
  より効果的な段差を用いたメニューや、寝そべって行えるメニューなど、バリエーションを
  指導します。
5.確実に正しく覚えていただくために、一度に多くのメニューを欲張らず、新しいメニューは4種目程度
  までを基本とします。復習をしながら新しいメニューを追加して数回受けていただくのがおすすめ
  です。
6.トータルカウンセリングやランニングフォームレッスンを受けていただくことで
  より的確に身体特徴との関連性、改善のポイントを見出すことができます。
7.補強運動レッスン、スポーツマッサージとのセットで受けていただくことも可能です。
  例)トータル45分・・・補強運動25分+ストレッチ20分
    トータル75分・・・マッサージ45分+補強運動15分+ストレッチ15分
8.快体健歩ランニングクラブの練習会で行っているウォーミングアップ、クーリングダウンの
  ストレッチもパッケージメニューとして承ります。

料 金
■45分 : 4,950円(税込)
■30分 : 3,300円(税込)
 快体健歩ランニングクラブ会員は15%割引
お支払方法
現金、クレジット、交通系ICカード、iDカード、QUICPayよりお選びいただけます。
  ストレッチレッスンお申込 ▶▶▶ こちら

ストレッチレッスン

お申込は ▼▼▼ こちらから

関連サポートメニュー

  • ランニングフォームバランス改善、アップダウン、補強運動/トレーニング計画・メニュー

ページトップ